今回の健康診断でコレステロール値が高かったので、もう少し下げなきゃと思っています。

下が健康診断の結果。コレステロールが高いです。

 

健診の結果データ

 

健診時より、体重が落ちてきているので、次の血液検査で少し下がったらいいなと思っていますが、下げるなら下げるでもっと効率的にできないか。

そう思い、食べ物や体の代謝ついてなどいろいろ調べていたら、興味深い記述をみつけました。

アメリカではコレステロールの摂取量と血液中のコレステロール値との間に明らかな関連を示す臨床結果がないことから、これまでのようなコレステロールの制限をなくすようガイドラインが変更されています。

体が生まれ変わる「ケトン体」食事法 白澤卓二 三笠書房  2015

えっ、そうなの?

じゃあ、食事を変えて体重を落としても、コレステロール値は変わらないということ?

 

もっと調べてみると、

体内のコレステロールは食事で作られるのが20%。残りの80%は肝臓でつくられます。これはコレステロールをあまり摂取しなければ、肝臓で作られる割合が増えるし、たくさん摂取すれば肝臓で作られる割合が減るということです。

だから、食事でとらないようにすることは、意味がないと何年も前から言われていたそうです。(今まで気がつきませんでした。)

また、善玉コレステロール(HDLコレステロール)と悪玉コレステロール(LDLコレステロール)ですが、LDLが多くても死亡率に変化がなく、逆にLDLが低すぎると死亡率が上がることがわかっているそうです。

東海大学名誉教授の大櫛陽一先生によると、細胞にコレステロールを運ぶのがLDLで、古くなった細胞からコレステロールを肝臓に戻すのがHDLなので、LDLもHDLも必要だとしています。

さらに、昔からコレステロールが高いと動脈硬化になり、動脈硬化が脳卒中や心筋梗塞の原因になるといわれてきました。

でも、最近の研究で

脳卒中や心筋梗塞などによる死亡率には、コレステロールの数値ではなく、「海の油(EPA・DHA)」の摂取が減って、「陸の油(豚肉や鶏肉の脂肪、コーン油、サラダ油、ベニバナ油、ナタネ油)など」を過剰にとっていることが関係しているらしい

体が生まれ変わる「ケトン体」食事法 白澤卓二 三笠書房 2015

ということがわかったそうです。

 

うーん。困った。

コレステロールが悪者でないとしても、もう少しコレステロール値を下げたいのですが、食事と関係ないならどうしたものか。

今後の課題です。

 

参考書籍 体が生まれ変わる「ケトン体」食事法 白澤卓二 三笠書房  2015

ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか 宗田哲男 光文社 2015