野菜ジュース

 

私のやっているダイエットは、ざっくり言うと、西式甲田療法の理論と糖質制限と、朝昼は野菜ジュースや水などを飲み固形物は食べない。夕食は、まず生野菜から食べ糖質制限系の食事をするというもので、甘いジュースやお菓子など間食はしません。

ただ、午後になって、今日は人前でお腹がなったら困る!というときは、その前にナッツ類を少し食べておきます。

 

なぜこのダイエット法になったのか。

理論的な説明は後日詳しくするとして、ダイエット中にかならず通る道!停滞期はどのくらい体重が減ったとき、何日くらい続いたか!私の場合を書いてみます。

私の場合は、8/8に82.0kgあった体重が、8/17 に76.6kgまで減ったとき、1度目の停滞期がありました。

8/17 からしばらくの間、76.6kg~76.0kgをウロウロ。8日間同じくらいの体重をいったりきたりしていました。

つまり、8/8にダイエットをはじめて、10日目、5.4kg、体重が6.5%くらい減ったとき停滞期にはいり、8日間続きました。1ヶ月のうちに体重が5%以上減ると、ホメオスタシス機能※が働くといわれますから、私の場合もあてはまっています。

 

※ ホメオスタシス

生体恒常性のこと。

体内の器官は、気温などの変化や飢餓、運動などによる体の変化に対して、体温や基礎代謝などを生きるのに適した一定範囲内にキープしようとする。だから、一気に痩せると体が危機感をもち、生命を維持しようと体重が変わらなくなる。

体がこの状態でも生きられると判断すれば、また体重が減ってくる。

 

2度目の停滞期は8/28に74.1kgまで減ったときはじまりました。

9/15まで約19日間74kg台をウロウロしました。1回目の停滞期が8日間で終わったため、2度目も同じくらいで終わるだろうと思っていたのですが、2週間たってもだめ。もう少し食べる量をへらしちゃおうか、とか、運動しちゃおうかとか思ったのですが、我慢しました。

逆に、体重が減らないならもういい。食ってやる!と吠えて、ナッツを大量食いしそうになりました。(本当はしそうになったんじゃなく、1袋80g全部食べちゃいました。(;’∀’) )

停滞期の期間は長いと2か月と言いますから、それに比べれば短いのですが、毎日体重計に乗って減っていないと気持ちが暗くなるというか…。停滞期に入ったら、体重計にのらない日があっていいかもしれない。

 

1回目の停滞期は76kg台、2回目の停滞期は74kg台。…ということは、2kgごとにしばらく停滞するので、3回目は72kg台でウロウロするのだろうか。今は72kg台が続いてます。(9/24)。

停滞期は嫌だけど、約1か月半で約10kg減だから、いいペースかなと思います。