血圧と血糖と悪玉コレステロールの数値が高くて、近所の内科を受診するように言われた私。

病院選びに奔走しました。

 

検査結果カルテ

 

以前かかったことのある医院は、自宅から遠い。

血圧とか血糖で受診した場合、その医師と長い付き合いになるはずなので、自宅から近ところがいい。大病院は検査が大掛かりなの避けたい。(昔、父が糖尿と高血圧で大病院にかかり検査項目がとても多かった。)

きれいなビルに入っている医院やクリニックも避けたい。家賃が高いのか、その検査必要?と感じることが多い。(自分の子供を連れて行ったとき感じた。その検査、先週もやったじゃない。今回やっても変わらないと思うけど…みたいな感じ。)

勤務医で毎日午前午後で違う医師がいるところも避けたい。(いつも同じ曜日、同じ時間にかかれるわけではないから。)

薬大好きなところも避けたい。(これも父のとき実際にあった。)

医師が、あんたが悪いから病気になったんでしょ。はい、薬飲んでね。次!みたいな対応じゃないところ。(昔、そういうのにあたったことがある。)

血圧、血糖でかかるなら、内科と循環器があるところがいいだろう。そして、病院に入ったとたん空気が重すぎて具合が悪くならないところ。(雰囲気が悪くて血圧が上がったら嫌だから)

 

さらに、一番譲れない条件である

「大丈夫。治りますよ。」あるいは、「少しずつ改善していきましょうね」的な対応をしてくれる医師を探しました。

 

そんな医師と医院orクリニックはないのかとネットで検索していたところ、今回のダイエットの決定打となった○式○○療法という本を書いた医師を見つけました。残念ながら、その方はもうお亡くなりになっていたのですが、たくさん書籍を残されたので片っ端から読みました、そして、いままでのダイエットで結果が出なかったわけがわかりました。

これは私にとってとてもラッキーなことでした。

 

結局、私が選んだのは、近所にある内科・循環器専門のクリニックでした。おそらく、医師個人所有の建物の1階をクリニックにしたのでしょう。こじんまりしていて、明るくて、あまりこんでいないけれど、必ず患者さんがいるようなところで、ご近所の評判も良い。医師はおひとり。クリニックに医師の苗字がついていました。

そのクリニックで、「少しずつ改善していきましょうね」という対応をしてくれる穏やかな医師の方に出会えました。